ホーム > 2016年10月の記事

大阪の不倫調査|パートナーと相談するべきときも...。

パートナーと相談するべきときも、浮気の相手であった人物から慰謝料を取り上げるとしても、離婚した場合優位に立って調停・裁判を進めていきたい場合も、明確な証明できる証拠が無い場合は、前に行くことはできません。浮気問題を妻が起こした場合というのは夫による浮気問題とはかなり違うことが多く、夫が感づいた時点で…

1